スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる必要上

Yahoo知恵袋。
職場の人間関係で苦しんだ相談者が、質問文の最後を、

>良く見られる必要なんて何もないと、今では思います。
>私は間違っていますでしょうか?

で結んでいた。
気持ちは多少わかるような気がするが、やはり、それは間違っていると感じたので、次のような回答を書いた。

(引用)

>良く見られる必要なんて何もないと、今では思います。

“必要以上に”良く見られる必要なんてない、と私も思います。しかし、必要最小限は、良く見られることを気にせざるを得ません。

「良く見られる必要」は、言ってみれば、「紛争地帯で弾丸を避ける必要」に喩えられると思います。

弾丸を避ける技術に上達したからといって、その人が人間的に尊敬できるかどうかとは、一切無関係です。弾丸を避けるのが下手な人でも、人間的に尊敬できるということは大いにあり得ます。しかし、だからといって「弾丸を避ける必要なんて何もない」とは言えません。避けなければ、当たり所が悪ければ死んでしまうからです。

日本という国では、弾丸が飛び交っていることはありませんが、代わりに、人間関係の縛りがきつい風土です。ここで「良く見られる必要なんて何もない」と言い切ってしまうと、対人関係で受けたダメージは蓄積していき、やがて死に至ることもあり得ます。

「良く見られる」ことを得意とする人は、しばしば、それが大人の証、成熟の証であるかのように吹聴するけれども、間違っている。そんな技術は人間的な魅力とは関係ない。しかし、生きる必要上、やむを得ず、必要最小限度、良く見られることを気にせざるを得ない、というのが私の考えです。


(引用ここまで)

相談者の考えは間違っている。しかし、人間的、倫理的に間違っているのではない。単に、生きる必要上、技術的に間違っているに過ぎない、と私は言いたかったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。