スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手にも理はあると考える

Yahoo知恵袋で、中学生からの質問があった。
内容は、今年2月14日に発生した、大阪府大東市で小学校の統廃合の中止を訴えて小学生が自殺した事件について、意見を求めるというものだった。

中学生がこのような社会問題に関心を持つなんて、大したもんだ、と思ったのだが、読んでいるうちに、だんだんと問題が感じられてきた。
質問者自身の考えは、大東市は小学生の訴えを聞いて統廃合を中止すべし、というものだ。これは何も悪くない。しかし、小学生の行動(自殺)に必ずしも同情しない世論の例をいくつか挙げた上で、

>なぜ、小学生の悲痛な叫びに耳を傾けない冷酷な大人がいるのでしょうか。

という問いかけ方をしている。ここが問題である。
彼は、
  • 統廃合を中止すべし!という正義の陣営
  • 統廃合はやむを得ない、という悪の陣営

この2つの陣営を想定し、前者のスポークスマンとして、観客に向けて、後者の悪さ加減を訴える。悪の陣営には一分の理すらないという認識だ。
これは水をぶっかけなくてはダメだなぁ、と感じ、私は次のような回答を書きました。

(引用)

私の考えは、
「よほど学校が好きだったのかも知れないが、それは君が命をかけてまで成さねばならないことか?」
これに近いです。あなたの感じ方では、これは
「小学生の悲痛な叫びに耳を傾けない冷酷な大人」
に該当するのでしょうか?

あなたにお願いしたいのは、この
「小学生の悲痛な叫びに耳を傾けない冷酷な大人」
という「レッテル貼り」を止めてほしい、ということです。

あなたが「小学生の叫びを汲んで、大東市は統廃合を中止すべきだ」という意見を持っているのはよく分かる。私はそれに異を唱えるつもりは全くない。むしろ、あなたには自分の意見をしっかり持って欲しいと思っている。
しかし、だからこそ、あなたは自分とは違う意見を聞くべきです。

もしあなたが「レッテル貼り」を続けるならば、それに同調する人が集まって、
「そうだ!そうだ!悲痛な叫びに耳を傾けろ!」
と盛り上がれるかもしれません。しかし、それは結局、「すでに同じ意見を持った人同士で集まって盛り上がる」に止まってしまうのです。
「その意見を、他の人に広げる」とか「他の人の意見を取り入れて、自らの意見に磨きをかける」といった展開を捨ててしまうのです。

そうは言っても、あなたは件の世論はどうしても理解できない、聞く気になれない、と感じるかもしれません。
ではここで、大東市のケースからちょっと離れて、次の状況を想像してみてください。

『Aという生徒が、B、C、Dから恒常的に酷い苛めを受けていたとする。そして、統廃合によって、A君は彼らとは違う学区になり、やっと離れることができる!…というのを楽しみにしていたのに、ある日、統廃合の中止が発表され、A君は絶望のあまり「統廃合して欲しかった」という訴えを残して自殺した』

というケースがもしあった場合、あなたはどう考えますか?
A君の悲痛な叫びに耳を傾けて、統廃合を断固実施すべきだ、と考えますか?
その場合、逆に統廃合の中止を望んでいた生徒がいた場合、彼らの意思はどうなりますか?
「いや、A君の意思にかかわらず統廃合は中止すべきだ」という意見は、「小学生の悲痛な叫びに耳を傾けない冷酷な大人」に該当しますか?
もしあなたが「この場合、方針のとおり統廃合を中止すべき」という意見であれば、大東市の小学生の叫びは聞くが、A君の叫びは聞かない、その差別待遇の理由は何ですか?
統廃合はやった方がいいのですか?やらない方がいいのですか?

↑敢えて意地悪な質問をしました。様々な立場から物事を考えるための練習になれば幸いです。


(引用ここまで)

これによって、質問者の認識に影響を与えることができたかどうかは、全く分からない。
しかし、今回の質問者と私とのやりとりの内容は、ネット上にずっと残り続け、後で誰でも読み直すことができる。いずれ、彼と同様に問題意識を持った中学生、高校生ぐらいの人がこれを読んで、自分の考えを深めるための一助になってくれれば、一生懸命回答した甲斐があったというものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。