スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院選挙に向けて

ブログ「村野瀬玲奈の秘書課広報室」
記事「選挙運動期間中、有権者が意思表示のためにできることを一つ提案。

ここでは、自分が「支持できない」候補者に対するアクションが、2つ提案されている。
  1. 街角でその候補者のビラを受け取ったら、その場でビリビリと引き裂く
  2. その候補者の街頭演説にて握手を求める。そして笑顔で握手しながら、政策上の問題点を述べ、不支持である旨を伝える(笑顔で、というのがポイント)

私は特に2.がお勧めです。1.の方は、当の候補者からすると
「ちっ、対立候補の支持者による嫌がらせか…」
と受け取られてしまい、こちらの真意が伝わらないような気がする。

選挙運動といえば、以前から私が夢想していることがあります。それは、
「選挙カーによる騒音を候補者ごとに数値化して公表する」
というものです。
さらに「内容の無意味さ」も数値化できればなお良い。
すなわち、

「〇山△夫、〇山△夫をよろしくお願いします!ご声援ありがとうございます!」
という例のアレを、
  • 候補者:〇山△夫
  • 音量:90デシベル
  • 無意味指数:89ポイント
  • 計測地点および日時:どこ市そこ町1丁目付近、某月某日 某時某分頃

という具合に数値化するわけです。
無意味指数の算出方法は、
「単位時間あたりに候補者名を連呼した回数」
をベースにするのが妥当だと思う。

ただ、実際にこれをやろうとすると難しい。すべての候補者について、同一条件で計測しなければならないからです。
A候補者は選挙カーと10mまで接近した地点で計測し、B候補者は80m離れた地点で計測したのでは公平にならない。しかし選挙カーはいつ、どこにやってくるか分からない。
だから「こんなこといいな、できたらいいな…」の夢想レベルに止まっているのです。

今度の参議院選挙では、村野瀬玲奈さんが提案している、
  1. その候補者の街頭演説にて握手を求める。そして笑顔で握手しながら、政策上の問題点を述べ、不支持である旨を伝える(笑顔で、というのがポイント)

これをやってみようか、と考えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。