スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創造価値、体験価値、態度価値

態度価値(Einstellungswerte)はヴィクトール・フランクルの用語。

フランクルによれば人間が実現できる価値は創造価値体験価値態度価値の3つに分類される。

創造価値とは、人間が行動したり何かを作ったりすることで実現される価値である。仕事をしたり、芸術作品を創作したりすることがこれに当たる。

体験価値とは、人間が何かを体験することで実現される価値である。芸術を鑑賞したり、自然の美しさを体験したり、あるいは人を愛したりすることでこの価値は実現される。

態度価値とは、人間が運命を受け止める態度によって実現される価値である。病や貧困やその他様々な苦痛の前で活動の自由(創造価値)を奪われ、楽しみ(体験価値)が奪われたとしても、その運命を受け止める態度を決める自由が人間に残されている。フランクルはアウシュビッツという極限の状況の中にあっても、人間らしい尊厳のある態度を取り続けた人がいたことを体験した。フランクルは人間が最後まで実現しうる価値として態度価値を重視するのである。


(以上wikipediaの「態度価値」から引用)

この、「3つの価値説」を現代に当てはめると、創造価値(端的には仕事)を重視する親父世代と、体験価値(遊び)を重視する若い世代がおり、いずれも、態度価値は軽視または無視されているように感じる。
私自身は、仕事はソコソコやっているが、昔から同世代が皆で楽しんでいるような遊びはさっぱりで、一人で考え事ばかりしていたような者で、創造価値は及第点、体験価値は落第、といったところだ。
そして、態度価値には大いに関心があり、強く惹きつけられる。

ところで、wikipediaの当該記事を見てもらうと分かるが、この記事は出展が明記されておらず、本当にフランクルが述べたことなのか、ひょっとすると怪しいのである。
もしかすると、当該記事を最初に書いた人が、自分なりにフランクルを読み込んだ上で編み出された言葉、その人がフランクルを消化吸収して血肉となった言葉なのかもしれない。私は、別にそれでもいいと思う。良い言葉であることは間違いないからだ。

そのように考えていたところ、本日、書店にてフランクル著「それでも人生にイエスと言う」をパラパラめくっていたら、どうも、この「創造価値、体験価値、態度価値」説に関する話が書かれているようだったので購入しました。今週末はこれを読んで考えながら過ごそう。

(2013/04/07 追記)
wikipediaの当該記事に出典を記載しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。