スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB48 峯岸みなみ騒動について

今更ですが、AKB48の峯岸みなみ坊主騒動について。

だいぶ前だが、テレビで、ある企業で何らかの不祥事が発覚し、経営者が土下座する場面を見た。今回、坊主頭の峯岸みなみを見て、その時と同じ気分に追い込まれた。
社会的地位のある人の土下座、女性の坊主頭、いずれも「居たたまれない」とでも言うしかない気分になる。
「もっと毅然とした態度で、過ちを認めることはできないのだろうか…」
と、今回も感じさせられた。

AKB48の「恋愛禁止」という内規(?)そのものに対して批判し、峯岸みなみ本人を被害者のように捉える意見があるが、私は全く同意できない。
なぜなら、峯岸みなみ自身、その内規を百も承知でAKB48に加入しているからだ。

歌唱力を売りにする歌手、演技力を売りにする女優、話術を売りにするコメディアン、そういった分野であるなら、当人のプライベートでの恋愛が仕事の上でマイナスになることはない。事務所が、彼女に対し恋愛禁止を申し渡したとすれば、それは全く不当なことである。

しかしAKB48は違う。売り物は、歌唱力でも演技力でも話術でもない。
「恋人みたいな、かわいい女の子」というイメージ、幻想が売りのグループである。
その幻想を維持するために「恋愛禁止」という内規があるのではないか。それを破ることは、自らの首を絞める行為ではないか。

恐らく、峯岸みなみ本人はAKB48を辞めたくないと事務所に訴えたのだろう。あの坊主頭は、本人が申し出たのか、事務所が命じたのかは分からないが、いずれにしても、こうして「真摯な反省の色」を示して、やり過ごそうという算段なのだろう。
坊主頭によって居たたまれない気分に追い込まれた上に、あまりにも「原則」「決まりごと」を軽んじた態度を見せられ、「結局、有名人ならば、可愛ければ、何をやってもいいのか…」という益体もない感想も湧いてくる。

私は、次のような対応をしてほしかったと切に思っている。
  • 事務所は、峯岸みなみをAKB48から除名する(勿論、坊主頭にさせるようなことはしない)
  • そして、もし本人が、歌唱力、演技力、話術、etc.を売りにして一人立ちする道を志すならば、当面の間、事務所はそれをサポートする(現実には厳しい道であろうが)

~~~~~~

話は変わるが、いにしえの昔、「たのきんトリオ」という男性アイドルグループがあった。
メンバーは
  • トシちゃん
  • マッチ
  • ヨッちゃん
の3名である。
当時、私の母は、彼ら3人を識別できなかった。テレビで彼らが映るたびに、
「これ、トシちゃんでしょ?」
「違うよ、マッチだよ!」
「うーん…」
というやり取りが繰り返された。幼かった私は、
「彼ら3人はこんなに明確に違うのに、どうして母さんには違いが分からないんだろう…」
と訝しく思った。

時を経て2000年代、私は大人になり、計らずして当時の母の気持ちが痛切に分かる機会を得た。
「モーニング娘。」の台頭である。
そう、当時、私は、彼女ら10人ぐらいを識別できなかったのだ。
「これ…飯田圭織だ!…いや…矢口真里だろうか…」
と自問自答していた。
(そのうち何となく分かるようになりました)

そして2010年代、事態はさらに進んだ。「AKB48」の台頭である。
もはや私は、彼女ら48人を識別しようとも思わない。
(峯岸みなみは覚えた)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。