スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いじめられている君へ」を読んだ君へ

Chikirinの日記
「いじめられている君へ」
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20121021

上記の記事は、虐めの主原因が、親の出自や職業への侮蔑であると見ている。
確かにそういうケースもあるだろうが、私は、重要な点は別のところにあると思う。

あなたが通う「学校」には、たった一つの価値観しかない。「コミュニケーション能力」というやつだ。
これは、学校内で、唯一の絶対神である。
みんな、この神の怒りに触れぬよう、必死になっている。
あなたも、決してこの神を軽んじている訳ではなかろう。クラスメートとの関係を悪くしたいはずが無いだろうから。しかし、あなたはちょっとだけ人間関係に不器用なところがある。それは、虐める側の生徒から見れば、神への忠誠度が低い、と映っている。

彼らは、あなたに対して
「なんか、あいつムカつく」
と感じている。そのムカつきの内容を明確にすれば、次のようになるだろう。
「我々は毎日、必死になって、絶対神への忠誠の証を立てている。にもかかわらず、あいつはその義務をサボっている。だから、あいつムカつく」

彼らは、絶対神への忠誠以外の生き方を知らない。だから、あなたに対して天誅を下す。同時に、複数人であなたを虐めることによって、互いに忠誠度合いを確認し、安心するわけだ。

では、どうすればいいか。私に言えることは僅かしかないが、もしあなたが中学生ならば、定時制高校への進学を勧めたい。
仕事の世界は、「コミュニケーション能力」絶対神の支配が、学校に比べれば弱い。仕事内容にもよるが、真面目に淡々とやっていれば、それなりの評価も得られる。
どうか、仕事の世界で解放されるという望みを糧に、なんとか学校生活を凌いで欲しい、と願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。