スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン要約筆記の手応え

パソコン要約筆記を始める数年前、「音訳」のボランティアを少しだけやっていました。
音訳とは、視覚障害者のために、文字情報を音読して伝えることです。
始める前は、依頼に応じて対面で音読するものだと思っていたが、私が加入したサークルでの活動内容は、何種類かの雑誌を読んで、カセットテープに吹き込み、視覚障害者のもとに定期的に届ける、というものでした。
担当者は毎月、サークル本部から、自分が担当する雑誌の記事のコピーをもらい、その内容を自宅でテープに吹き込む。そしてテープを本部に送り、リーダーがそれを聴いてダメ出しする(この部分の発音がおかしい、etc)。そして再度吹き込んで本部に送り直す。本部では、送られてきた各テープを1本に編集し直して、視覚障害者の元へ送る、というシステムでした。

しばらくやってみたが、どうにも不満が溜まってきた。実際にテープを聴く視覚障害者との接点がなく、自分の作業が単なるルーチンワークのように思えてきたからです。必ずしも、利用者からの感謝の言葉が欲しかった、というわけではない。「この音訳下手!」という批判であっても、それを元に技術の向上を図ることができる。とにかく、利用者からの「手応え」が無いことが不満だったのです。

ある日、リーダーに上記の不満を訴えたことがある。その時の細かい話の内容は忘れてしまったが、あまり心が晴れなかったことは覚えています。その後、音訳は止めてしまいました。

それから暫く経って、パソコン要約筆記を始めた。こちらには、確かに「手応え」がある。

ある市の公共のホールで、講演会のような催しでの情報保障だったが、終わって片付けの最中、客席から50代ぐらいの女性が1人、こちらに近づいてきて言った。
「中途失聴者です。いつもありがとうございます」
どうやらその人は、パソコン要約筆記付きの講演会などをよく利用するらしかった。
その時は撤収を急いでいたので、筆談で話をする余裕が無く、笑いながら会釈する程度で終わりました。

もう一つは、とある大学のゼミの発表会。この日は、聴覚障害をもつ学生1人(Aさんとする)に対しての情報保障でした。
発表会が終わって、皆で記念撮影をしようという段になり、司会者がゼミ参加者に対して、どこそこに集まって何とかかんとか…と口頭で指示をして、みんなゾロゾロと動き始めた。
当然、Aさんにはその指示は届かない。早く入力しないと、Aさんは記念撮影に参加できなくなってしまう。
「遅れてなるものか!!」
と必死に入力した。このときは打鍵する指が奇跡のように滑らかに動き、無事にAさんは記念撮影に収まることができました。

上記のような「手応え」の実感は、実はそんなに多くはありません。それ以上に、
「今日はコレコレが失敗だったな…」
「恥ずかしい字幕を出してしまった…」
などとがっかりすることが多い。それでも、もっと良い情報保障をしようと、時々チームで研修会などを行ったりして、「手応え」を求めて活動しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。