スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートでハゼ釣り

今週末はきちんと仕事を休めたので、江戸川放水路にハゼ釣りに行ってきました。
東京メトロ東西線の原木中山駅を降りて、川に向かって歩くこと15分くらい。
貸しボート屋が林立している中で、私がいつも利用しているのは「みさお丸」(ウェブサイトなし)。

いざボートを借りたい旨を告げると、ここ数日はボートではあまり釣れていないとのことで、乗合船を勧められる(11:00出船、16:00帰港)。乗合船は沖合まで行くので、ボートよりは釣れるとのこと。
しかし、16:00終了ではちょっと帰宅時刻が遅くなってしまうので、やっぱりボートを選択しました。
乗合船では、船のスケジュールがカッチリ決まっていますが、ボートならば、どこに行くのも自由(漕げる範囲ですが)だし、釣りを終えるタイミングも自由なのが素晴らしいところです。
ボート貸し出しが3500円、釣り餌が500円。

釣り場は桟橋から1km弱ほど下流のポイントで、自分で漕いでいくのは大変なので、ボート屋のエンジン付き船に乗せていって貰います。その船で手漕ぎボートを曳航し、ポイントについたら客をボートに乗せてその場に浮かべて帰る、という案配です。

ポイントに向かう所。
DSC00001a.jpg

ボートに乗り換え、釣り開始。このボートでは私がキャプテンです。(乗員は私一人しかいないが)
121021_0810~01

だんだんとボートが増えてきました。
121021_0917~01


開始早々、立て続けに3匹ほど釣れた。幸先のいいスタートだ。
121021_0743~01

しかし、後が続かなかった。あちこち場所を変えて粘ること6時間、釣果はちょっと恥ずかしい数字です。8匹
帰りも、ボート屋に携帯電話から連絡すれば、エンジン船で迎えに来てくれるのですが、私はいつも自分で漕いで桟橋まで帰ります。景色を眺めながら、川面をのんびり進むのも楽しみの一つなのです。

ボートを返却した際、ボート屋のおばちゃんと少し話しましたが、曰く、数週間前に発生した青潮(バクテリアによって水中の酸素が減少する現象)でハゼが大量死してしまったとのこと。だから、あまり釣れなかったのだ。そうだ青潮が悪いのだ。

釣れたハゼは天麩羅でおいしく頂きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。