スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

day -92 適合通知 から4日間

ドナー登録以後、骨髄提供依頼はまったく無く、ほとんど登録を忘れかけていたのだが、今年2012年某月、初めて依頼がやってきた。
「ほぅ、やっと来たか」
当然、骨髄提供やる気十分で封筒を開けたのだが、同封の資料を読んで、しばらく考え込んでしまった。
 ページ: http://www.jmdp.or.jp/donation/about/overview.html
 対象リンク: 骨髄提供者となられる方へのご説明書(PDF 3.8MB)

問題の記述

骨髄提供には7回前後、医療施設に足を運んでいただく必要があります。通常は平日の日中の時間帯になります。


登録時に貰った資料「チャンス」にも、骨髄提供時には数日の入院が必要とあったので、その程度は覚悟していた。しかし、それを含め、つごう7回、仕事を休むとなると、そう簡単には返事できない。

一方、同封資料のうち、「骨髄ドナーコーディネートのお知らせ」と題する資料には次のように書かれていた。

今回、患者さんは、病状・治療の関係で、このご案内から約80日前後の移植を目標とする「迅速コース」を希望されています。


80日で「迅速」コースとは、ずいぶんゆっくりした歩みにも思えた。
しかし当時の仕事のスケジュールは、携わっている案件がだんだん忙しくなってきて、約7ヶ月後にピークを迎えるという状況だった。もし、80日すなわち約3ヶ月以内に骨髄提供を片付けてしまえるなら、この期間ならば仕事の忙しさもそれ程ではないので、7回程度の休みもひねり出せるだろう…。

もう一つ、骨髄提供には家族の同意が必要である。
私は独り者なので、母に簡単に説明したところ同意が得られたので(父は他界)、提供依頼に応じることを決心し、いくつかのアンケート回答と併せて骨髄バンクに返信を行った。
骨髄提供依頼が来てから4日後だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。