スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

day 0 骨髄抽出手術

手術は9:00からの予定ですが、事前に簡単な検査があるので7:00位に起床しました。
朝食は抜き。検査後、手術着+下はパジャマのズボンというスタイルになって、お呼びがかかるのを待ちます。
8:45頃に、看護師さんから呼ばれて部屋を出る。
この日、Nさんと、母も来ていたので、血液内科エリアのロビーで、抽出手術終了まで待って貰います。
私は、看護師、院内コーディネーターYさんと3人で、歩いて手術室に向かいました。

手術室の手前の部屋で、帽子をかぶらされて暫く待つ。
部屋の真ん中に3段ぐらいの階段があり、なんだろう?と思っていたら、やがてストレッチャーがやってきて、その階段に横付けされる。それはストレッチャーに乗るための階段でした。

階段を上がって、ストレッチャーに横たわると、数人でゴロゴロ押されて、手術室へ。
自動ドアが「ブアーッ」と開き、様々な医療機器に囲まれた空間をずんずん進んでいく。気分的にはこんな感じ。


やがて手術室に着いて、「ズボン脱ぎましょう」
寝たままズボンとパンツを引っ張られ、脱がされた。
その後、身体のあちこちに電極をたくさんつけられる。また輸血(day -13でとって冷蔵しておいた自己血)の確認をする声などが聞こえてきます。

あまり緊張はしませんでした。
PC要約筆記で、情報保障の現場に赴き、いざ打ち込み開始、という時の方が、はるかに緊張する。
なぜなら、PC要約筆記では、私も含めたチームの技術の巧拙が、その場で文字情報を求めている聴覚障害者に対するサービスの善し悪しに直結する。一方、今回の骨髄提供の件では、緊張するのは医療スタッフにすべてお任せで、私は「寝てるだけ」。こんなに楽な話はありませんよ。

点滴を入れ、酸素マスクを当てられて、「麻酔入りまーす」という声とともに、なんか妙な匂いがしてきた。これが麻酔ガスかな?と思い、目を開けたが、手術は一体いつ始まるのかと疑問に思い、手術室の時計を見ると11:00だった。手術室に入ってから2時間が過ぎていた。

↑主観的にはこんな感じ。もう手術は終わっていたのでした。
実際には、私が眠っている間に、
 (1)人工呼吸器を挿入
 (2)導尿カテーテルを挿入
 (3)裏返してうつぶせにする
 (4)骨盤の、骨髄抽出ポイントに、太い針を刺して、骨髄を吸い取る
 (5)自己血400mlを輸血
 (6)骨髄を目標量だけ取り終わったら、仰向けに戻す
 (7)人工呼吸器を外す
これらが行われていたのでした。

人工呼吸器を入れられていた影響で、多少喉が痛かったが、それ以外は特に何も無し。
暫く安静にした後、点滴と導尿をつけられて酸素マスクをかぶせられ、両方のふくらはぎに血栓防止の自動空圧マッサージ装置をつけた姿で、ベッドに寝たままゴロゴロ押されて病棟に戻った。
(この時は、さすがにウルトラマンタロウの出撃気分にはならなかった)
ロビーで待っていてくれたNさんと母に無事を伝えて、病室に帰りました。

β病院では、
 手術後3時間は、仰向けに寝たまま動いてはならない
 6時間を経過したら、膝を立ててもいい(このあたりで酸素マスク外す)
 9時間を経過したら、寝返りを打ってもいい
 翌朝になったら、身体を起こしてもいい
という決まりになっていました。2chのドナー関連スレッドなどでは、抽出手術の日の夕方には立って歩いた、という書き込みも多くあったのを見ると、β病院はかなり慎重な方針のようだ。

左手に点滴が入れられており、動かそうとすると、ベッド下に何かが引っかかって動かせない。
左手は安静のために固定してあるんだ、と思い、右手だけで本を読んだり、鼻をかんだりしていました。
その後、9時間を経過し、寝返りを打つべくゴソゴソ動いていたら、引っかかりがとれた。
「何だ、左手動かせるのか!」この時やっと気づきました。

時々、看護師さんがやってきて点滴を取り替え、体温、血圧、血中酸素濃度を測定しました。
手術の傷(穿刺痕)は痛くないが、長時間同じ姿勢で寝ていたことにより腰が痛い、と訴える。
当然、それはしょうがないね、という事になります。

夕方、Yさんがやってきて、私の骨髄は、無事に患者さんの元に届いた、と伝えてくれました。これにて私はお役御免だ。取りあえずは一安心です。

夜は腰が痛く、また自由自在にゴロンゴロンと寝返りが打てないので殆ど眠れませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。