スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へっぽこ旅行記(別府、大阪)

5月3日~5日にかけて、別府→大阪に旅行してきました。
もともと、連休は近場で適当に魚釣りにでも出かけようと思っていたのですが、ニュースで、地震の影響で九州の観光でキャンセルが相次いでいる、という報道を見て、それなら行ってみようか、と思った。
大まかな旅程は、
  • 3日、午後に羽田発の飛行機で、夕方に大分着。別府に移動。
    (別府でホテル泊)
  • 4日、別府観光。夕方に大阪行きのフェリーに乗船。
    (船中泊)
  • 5日、早朝、船が大阪に到着。
    午前中に大阪観光。午後、東京行きの新幹線で帰る

詳細を述べる。

■3日午後
千葉の自宅を出て、羽田空港から大分行きの飛行機に乗った。
この日、九州は大嵐で、
「大分空港に着陸できない場合は、羽田に引き返すことをご了承ください」
と、何度もアナウンスで脅された。

さらに離陸後、瀬戸内海上空あたりで、
「現地は視界不良、着陸を何度か試みるかもしれない。それでもダメなら羽田に引き返す」
と機長による再度の脅しがあった。
しかし、ちょうど大分到着の直前に嵐が止んで、無事に着陸できました。


■3日夕方
空港からバスで別府へ。別府駅すぐ前のホテルにチェックインしてから、事前にネットで探して、ここで食べる、と決めていた、
馬肉料理 大阿蘇
へ。佇まいは昭和の居酒屋風。おばちゃんが1人で切り盛りしていた。かなり高齢に見えるが動きは機敏でキレがいい。日本酒(400円)を頼むと、ただのコップででてくる。こうなると居酒屋というより定食屋風だ。
ここの「桜にぎり」がすごくうまかった。馬肉の乗ったにぎり寿司だ。しかし結構高い。

泊まった宿は温泉旅館でもなんでもなく、ビジネスホテルだが、大浴場(実際には中小浴場というサイズ)は源泉掛け流しだそうで、さすがは別府だ。もちろん入ってきたが、私には掛け流しでも循環でも違いがよく分からないのだった。


■4日午前
ニホンザルのシャーロットで有名な、高崎山に行った。
山を少し登ったところに寺院があり、そこに猿がたくさんいる。
人間には無関心で、その辺に寝転がったり、毛繕いをしている。
人間(観光客)の側も皆マナーを心得ていて、エサをやったり、手を伸ばして触ったりする人はいない。
(見た目モフモフなので本当は触りたい)

奈良の鹿もそうだが、こうして野生動物が人間と適当に共存しているのは、なかなかいいですよね。
(関係者には適当どころではない苦労があるのだろうが)


■4日午後
亀の井バスの「地獄めぐりパスツアー」を利用した。
私が頼んだ回は、ツアー客が私を含めて5人しかいなかった。これも震災の影響か。
私の最大のお目当ては血の池地獄だったが、実際に目にすると、なんとなく、名前とは裏腹におとなしい感じだった。

それより、最も印象に残ったのは、温泉水を利用してワニを飼育している、鬼山地獄である。
98℃という高温もさることながら、「ボコボコッ!」と派手な音と共に湧出し、その勢いで水面全体が絶えず波打つという男らしさだ。
ワニについては、71歳で死んだ「イチロウくん」の剥製が大迫力。
生きているワニもたくさんいるが、ほとんど動かないので、剥製とあまり変わらない。

このツアーでは、「七五調案内」というのが名物だと知った。
亀の井バスのサイトから引用すると、
 昭和3年「別府観光の祖」である当社創業者油屋熊八は、大型バス4台を購入し、別府観光の目玉として地獄めぐり遊覧バスの運行を始めました。
  あわせて熊八のアイディアで、この遊覧バスに‘少女車掌’を乗せたことが当時爆発的な人気を博しました。これが日本初のバスガイドの誕生です。

 七五調案内とは、少女車掌が沿線の観光地を「ここは名高き流川、情けも厚き湯の街の、メインストリートの繁華街、夜は不夜城でございます」の名調子で案内して好評を博したものです。


とのことで、どんな感じだろうと思ったが、実際には「右手に見えますのは○○山でございます…」という通常通りのガイドだった。時々、「ではここで七五調を披露いたします」という断りの後で、ちょっとだけ出る程度で、七五調ガイドは全体の0.5%程度だった。

その七五調で、少し残念だったことがある。
確かに昭和3年当時の節回しなどを再現しているのだが、その声が、ちょっと鼻にかかった「かわいい声」だったことだ。当然、マイクがなければ、広いバス内に声を響かせることはできない。
昭和3年当時は、おそらくマイクは使われていなかっただろう。当時のガイドさんは、喉を開いて、腹の底から発声して、力強い声をバス内に響かせていたはずだ。今のガイドさんも、願わくば、もう少し頑張って、そこまで再現してほしかった。
ただ、この私の感想はおそらく少数派で、かわいい声の支持率のほうが高いであろうと思ったので、当日にこの要望を伝えるのは止めました。


■4日夜~5日朝
18:45に別府を出て、翌6:35に大阪に到着するフェリー「さんふらわあ こばると」に乗船した。
私がとった部屋のグレードは「ツーリストベッド」というのだが、要は「2等寝台」である。
別府では「山は富士 海は瀬戸内 湯は別府」という句をよく聞いたが、残念ながら、この船が瀬戸内の海を航行するのは真夜中なのでよく見えない。
レストランはなかなか美味しい。

災害派遣帰りの陸上自衛隊員も大勢乗っていた。
5日朝、大阪到着後、車両を出すところ
0149a.jpg

海上自衛隊の輸送艦ではなく、民間のフェリーを使うというのは、陸自と海自の仲が悪いから???
しかし考えてみると、隊員からすれば、輸送艦に乗るのだと「仕事の延長」のようなもので、フェリーのほうが、多少は気分がほぐれて良いのかもしれない。


■5日午前
朝6:35、大阪南港に到着。この日の目的は、11:00開演の「よしもと漫才劇場」だ。
開演までの空き時間に、梅田で映画を見て過ごしてから、いざ劇場へ。
予約はしておらず、当日券を購入すると、席は満杯で立ち見だった。
場内では、最後方に何人か、立ち見客がおり、私もそこに混じって見ていました。

残念ながら、帰りの新幹線の時刻の都合上、12:00頃には劇場を出なければならなかった。
(もっと遅い時刻の新幹線の切符は買えなかった)
その、私が見た中で一番面白かったのは「大自然」。
今度、大阪に行く機会があれば、必ず大自然のライブをチェックしようと思いました。
東京でもやってくれないかな~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。