スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倫理的

Yahoo知恵袋での質問。
倫理的な社会参加はボランティア以外何がありますか?幾つか例をあげてくださいお願いします。
(ここまで)

それに対する私の回答
「これに参加しさえすれば、倫理的だ」
というものはありません(ボランティアにしても、倫理云々とは何の関係もありません)。

「年齢、性別、国籍、職業の有無、障害の有無…等々を問わず、誰にでも同じように敬意を持って接すること」
倫理的な振る舞いとは、こういうことです。
(ここまで)

こう聞くと、
「では、自分が犯罪の被害に遭ったとして、その犯人に対しても、同じように敬意を持って接するのが倫理的なのか?」
という疑問が生じるかもしれないが、答えは
「その通り」
である。

「そんな無茶な…」
という感想が生じると思われるが、答えは
「必ずしも、倫理的な振る舞いが素晴らしいとは限らない」
である。

「それじゃ、“倫理的”という物差しは、一体何のためにあるのか?」
という疑問が生じると思われるが、答えは
「世界がどんなに酷い方向に向かっていっても、自分だけは押し流されないためのスパイクとして」
である。
スパイクである以上、簡単に動いてしまっては意味をなさない。すなわち、
「ここは流れに乗ったほうが得だな…」
という損得判断が生じたときにも、頑として動かない、ということである。

ちなみに私は倫理的な振る舞いが自己採点で65点くらいしかできていない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。