スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現行の要約筆記者養成への不満

この記事は、過去記事「全国文字通訳研究会」(http://jetmaguro.blog.fc2.com/blog-entry-134.html) の続きです。


フリートークで挙がった話題の一つに、厚生労働省の要約筆記者養成カリキュラムへの強い不満がありました。
  • 「概念の再構築」ではなく、話された言葉そのものを読みたい
  • まず「そぎ落としありき」という考えはおかしい

補足します。
「概念の再構築」とは、要約筆記者養成テキストに登場する重要な考え方です。すなわち、話された言葉をそのまま文字に変換するのではなく、話し手の意図(概念)を、要約筆記者が読み取って、要約して短く簡潔な文章で表現(再構築)すべし、というものです。
日本人の話す言葉は平均して1分間に300文字程度、一方、手書き要約筆記の場合、書くスピードは1分間に60文字程度。
話された言葉をそのまま文字にするのは不可能であり、「概念の再構築」を行うのは必然なのです。

また、それを行うためには、話された言葉の、根幹と枝葉とを瞬時に弁別し、前者を生かし後者を捨てるテクニックを身につけなければならない。そのための重要なテクニックの一つが「そぎ落とし」です。具体的には、「あの~、え~と」などの無機能語や、副詞をそぎ落とすのが基本。
「無機能語を落とすのはわかるが、副詞も落としていいの?」
と疑問に感じる人も多いと思うのですが、容赦なく落とします。それでも大意は通じるのです。

フリートークでは、これらの考え方が不評だった。かなり強い不満の声が挙がりました。
私も自分の意見を述べましたが、あまりうまくまとめられなかったので、再度ここにまとめます。

「そぎ落とし」「概念の再構築」は、手書き要約筆記にとっては必須の考え方である。また、パソコン要約筆記でも、1人入力をするならば同様に必須だといえる。
そして、
「スクリーン上に沢山の文字が流れていくのを読むのは、目がチカチカしてつらい。要約して、簡単に読めるようにコンパクトな文章で出してほしい」
という聴覚障害者のニーズに対しては、有効な手段である。
要約筆記者養成カリキュラムは、このニーズに応えるための、練りに練られた、精緻な体系でできている。

しかし、一方で
「『概念の再構築』ではなく、話された言葉そのものを読みたい」
という聴覚障害者のニーズは、現行の養成カリキュラムでは、ほとんど無視されている。
このニーズに応えるための、現時点でのベストな方策は、パソコン要約筆記による連係入力であるが、カリキュラムで扱われるのはほんの僅かである。

この現状に対して、進むべき方向は、
「連係入力ができるパソコン要約筆記者を養成するための、標準的な方法を練りあげて体系的にまとめ上げ、それを要約筆記者養成カリキュラムに反映させる」
である。これによって、
  • スクリーン上に沢山の文字が流れていくのを読むのは、目がチカチカしてつらい。要約して、簡単に読めるようにコンパクトな文章で出してほしい
  • 『概念の再構築』ではなく、話された言葉そのものを読みたい
どちらのニーズにも応えられるようになる。

~~~

文字通訳研究会で、連係入力を考えるワーキンググループを作る、という話しが出ました。その成果が、いずれ養成カリキュラムに反映されることを期待したいです。というと他人事のようだが、私も何か協力できることがあればしたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。