スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は自分の顔があまり気に入らない。
たまに「年齢不詳だ」といわれるが、自分としては、年齢相応に見られたい。
理想の顔は、ボクシング元ミドル級チャンピオンの「竹原慎二さん」だが、現実の私の顔とは恐るべき開きがある。

靖国神社に併設されている資料館の「遊就館」に、戦没者の写真が展示されている。数年前だが、私はそれらを見て、しばらく立ち止まって考え込んでしまった。
彼らが現代に生まれていたら、どんな顔になるだろうか。逆に自分が当時に生まれていたら、どうだろうか?

その時、私のすぐ近くで、見学者の若い男性2人組が、写真を見ながら言った。
「いい顔しているな」

これを聞いたとき、私は無性に情けない気分になった。
彼らの口調が、まるでラーメン屋で
「いい味だしているな」
とでも論評するが如きものであったからだ。

お前ら、自分の顔みたことないの?
俺はそんな論評なんて恥ずかしくてできないよ。

ところで、私は歩いていると、よく道を尋ねられる(外国人も含む)。
どうも、お人好しに見えるらしい。
中途半端に「威厳のある顔」を目指すよりは、お人好し路線をずっと保つのもいいかと思っています。

http://syumari-c.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-7cf1.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。