スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

day -51 ~ -45

Nさんから度々電話がきて、今後のスケジュールを詰めました。内容は以下の通り。
・day -42 最終同意確認
・day -37 術前検診  
・day -13 自己血採取(土曜日)
・day -1 入院 (木曜日)
・day  0 骨髄採取 (金曜日)
・day  2 退院   (日曜日)

「最終同意確認」とは、骨髄提供をすることを、本人および家族が、弁護士同席のもとで宣言し、さらに念書を認めるというイベントである。これをもって、患者さんは移植を受けるために必要な特別な治療に入ります。
「術前検診」とは字の通り。「自己血採取」とは、骨髄採取当日、ドナーの貧血を防ぐために点滴によって身体に戻すことを意図して、前もって自己の血液をとって冷蔵しておくことです。

骨髄採取のため入院する病院が、α病院ではなくβ病院に変わるが問題ないか?という確認がありました。
その場合、最終同意確認までをα病院で実施、術前検診以降すべてをβ病院で実施することになる。
別にどこでも構わないのだが、β病院は土曜日にも診療をやっているようで、自己血採取が土曜日になったのがありがたかった。また、3泊4日の入院も、後半の2日間が土、日曜に当たることで、仕事を休むのが木、金曜日だけで済むのも大きい。
ひょっとすると、私が初めてNさんと電話で話した時に「仕事を休みたくない!」とゴネたので、イベントがなるべく土、日曜に当たるような調整をNさんがしてくれたのかもしれないが、聞きそびれました。

ここで、まさにスケジュールを決定しようというその時に、入院前日(day -2)の夕方に別の用事が飛び込んできそうだ、という状況になった。その飛び込み用事とは、PC要約筆記の派遣依頼で、断ろうと思えば断ることもできたのですが、私にとっては骨髄採取と同様に重要な事です。

懸念したのは、患者さんの容態が急変して、移植を予定より前倒ししたい、という事態が発生することだった。その場合、ドナーである私としては、他のすべての用事を吹っ飛ばしてでも骨髄提供を優先しなければならない(患者さんの命に関わる)。

そこで、Nさんに電話して、この点について相談すると、
「移植が予定より前倒しされることは無い。day -2 に予定を入れても大丈夫だ」
という返答がありました。Nさんの説明によると、β病院の手術室やスタッフも、day 0 に合わせて調整するので、後になって変えたくても変えようがない、といったことのようです。
また、後で調べて分かったことだが、患者さんサイドは、白血病細胞を押さえ込んで、安定した状態(これを寛解という)で移植に臨むのが通常であって、もし、移植前に容態が急変した場合、移植を急ぐのではなく、寛解状態に復帰することが第一の課題となるようだった。すなわち、移植が予定より前倒しされることはないが、日程が再調整され、後ろにずれることはあるらしい。

ともあれ、懸念が解消されたので、職場で、骨髄ドナーとして選定された事を告げ、コレコレの日に休暇を頂きたい旨を相談して了解を得た。またPC要約筆記の派遣元締め(地元の聴覚障害者センター)に電話し、day -2 の派遣依頼を受ける旨の返答をした。最後にNさんに電話し、このスケジュールで行きましょう、と伝えました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。