スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトに字幕がつきました

アニメ作品「宇宙戦艦ヤマト2199」は、有名な「宇宙戦艦ヤマト」のリメイクである。
2012年からの劇場での先行公開を経て、2013年にテレビ放映された。
発売されたDVDには字幕がついておらず、Blu-rayには英語字幕のみついていた。

2014年10月に「追憶の航海」という総集編が劇場公開された。
これも本編同様に、DVD、Blu-rayともに、日本語字幕はついていなかった。

ここまでは、とても残念である。

2014年12月に「星巡る方舟」という番外編(?)が劇場公開された。
そのDVD、Blu-rayが、2015年5月27日に発売された。
DVDには字幕一切なしというのは変わらないが、Blu-rayに、日本語字幕がつきました
(初回限定版には、日本語に加えて英語字幕もつく)
http://yamato2199.net/about/goods_a.html

日本語字幕が欲しい、という聴覚障害者ユーザーの声が制作者に届いたのだろうか?その経緯はわからないが、いずれ本編の「Blu-ray BOX」が発売された場合にも、日本語字幕がついていることが期待できますね。
(ついてたら私買っちゃう)

まったく関係ないが、戦艦大和の沈没(1945年)から、宇宙戦艦ヤマト第1作のテレビ放映開始(1974年)までの期間は、29年である。
一方、第1作(1974年)から、宇宙戦艦ヤマト2199の劇場先行公開(2012年)までの期間は、38年である。
えーっ!前者、そんなに短いの?!
スポンサーサイト

スパム

最近、こんなコメントがあった(今は削除済みです)。

(引用)
ドキドキしながらも初コメントしてみました。
じつはいろいろあり過ぎて心の中がずっともやもやしてたんですがその気持ちが、少し解消されて嬉しい気持ちにさせてもらえたんですσ(゚ー^*)

ブログ読ませてもらっている内に再スタートをしっかり切らないと、と不思議と思わせてもらえました(。?∀?。)
本当にありがとうございます♪

そのもやもやを少し聞いてもらうことは出来ませんか?もし可能ならばメール頂けたらうれしいです(´∀`*)
迷惑でしたらこのコメント承認せず消して下さい。急にすみませんでした。
(引用ここまで)

初めはコメントスパムかと思ったが、スパムにあるはずの、宣伝対象のURLがどこにも含まれていない。
代わりに、投稿者はメールアドレスを設定していた。
organic.ryoko@ezweb.ne.jp

このメールアドレスで検索してみると、どうやら新手の業者で、コメントの文面に釣られてメールすると、「ryokoさん」から実際に返事が来て、出会い系サイトに誘導される…という仕組みらしいとわかった。
ブログ「情報商材の番人「情報商材辛口レビューサイト」」
に、実験結果がありました。
http://texina.org/organic-ryokoezweb-ne-jp_2/

被害(?)にあっているブログはどれだけあるのだろう、と思い、
じつはいろいろあり過ぎて心の中がずっともやもやしてたんですがその気持ちが、少し解消されて嬉しい気持ちにさせてもらえたんです

上記キーワードで検索してみると、FC2ブログがいくつかヒットする。多分、FC2の登録ブログ一覧から対象を選んでせっせとコメントを投稿しているのだろう。

ところで、ウェブサイトにメールアドレスを掲載していると、それを勝手に収集して、スパムメールを送ってくる業者もある。
organic.ryoko@ezweb.ne.jp
ここにスパムメールを送りやがれ!
業者同士で互いに顧客になれば目出度い話だな!!

私は自分の顔があまり気に入らない。
たまに「年齢不詳だ」といわれるが、自分としては、年齢相応に見られたい。
理想の顔は、ボクシング元ミドル級チャンピオンの「竹原慎二さん」だが、現実の私の顔とは恐るべき開きがある。

靖国神社に併設されている資料館の「遊就館」に、戦没者の写真が展示されている。数年前だが、私はそれらを見て、しばらく立ち止まって考え込んでしまった。
彼らが現代に生まれていたら、どんな顔になるだろうか。逆に自分が当時に生まれていたら、どうだろうか?

その時、私のすぐ近くで、見学者の若い男性2人組が、写真を見ながら言った。
「いい顔しているな」

これを聞いたとき、私は無性に情けない気分になった。
彼らの口調が、まるでラーメン屋で
「いい味だしているな」
とでも論評するが如きものであったからだ。

お前ら、自分の顔みたことないの?
俺はそんな論評なんて恥ずかしくてできないよ。

ところで、私は歩いていると、よく道を尋ねられる(外国人も含む)。
どうも、お人好しに見えるらしい。
中途半端に「威厳のある顔」を目指すよりは、お人好し路線をずっと保つのもいいかと思っています。

http://syumari-c.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-7cf1.html

サバ丸 2

サバ丸は、たしか2~3年前に現在の場所に現れた。
その時からすでにデカかったが、デブ猫ではなく、精悍な雄猫だった。
よく高いところに上って、狛猫をやっていた。
(しかし愛想はいい)

約半年ほど前に撮影
0122-01.jpg

0122-02.jpg


しかし、今では…

0122-03.jpg

(猫好きの知人による最近の撮影)

デブ猫である。
動きも緩慢になった。
急激に太った理由はよく分からない。
近所に猫好きが引っ越ししてきて、餌を与えまくっているのかもしれない。
健康を考えるとあまりよくないのだが、サバ丸は誰にも愛想がいいので、つい与えたくなっちゃうんだろうね。
プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。