スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の引き継ぎ

ある施設では、清掃作業員を1人雇っていたが、その人が転職するので、後任を募集した。
後任者は、耳が聞こえなかった。
一方、前任者は、手話ができないばかりか、聴覚障害者と身近に接した経験もなかった。
前任者が退職するのは3日後。したがって、仕事の引き継ぎのための期間は2日間のみ。

その2日間、後任者は前任者の仕事について回り、様々な作業の手順をみせてもらった。おそらく、質問があれば筆談によるやりとりがなされたと思われる。

そして前任者は、大きな模造紙を購入し、すべての仕事の手順(この時間にここを回り、そこではこういう作業をして、さらに2カ月に1回の頻度でこういう特別な作業が発生し、etc)を、絵を交えてわかりやすく描き、それを作業員控室に貼った。

ここまでなら、
「なるほど、引き継ぎ期間が短いことと、後任が聴覚障害者であることを考慮したんだな。よく気のつく人なんだな」
といったところだ。

しかし、前任者はその「全仕事手順絵巻」を、もう1枚作った。
そして、それを管理人室にも貼ったのである。
なぜか?
私の想像に過ぎないが、前任者は、それによって後任者と管理者のコミュニケーションの断絶を補おうとしたのだと思う。

清掃の仕事は、私も5年間やったことがあるが、基本的には決められた手順を淡々とこなしていくというものだ。しかし、時には例外的な事柄も発生し、作業者と管理者とで話をしなければならない。
ここで障壁となるのが、
「後任者が聴覚障害者であること」および「管理者に聴覚障害者と接した経験がないこと」
である。
これに関しては、どうしようもない。しかし、後任者に仕事を覚えてもらうのは当然として、さらに、管理者にも、少しでも仕事を覚えてもらえば、両者のコミュニケーションに多少なりとも役立つのではなかろうか。

管理者が、根気よく筆談に応じてくれる人であるとは限らない。適当な身振り手振りでコミュニケーションを済ませる(済ませたような気になる)人である可能性もある。しかし、仮にそうであっても、その施設の清掃の仕事について、一通りの知識があれば、いざコミュニケーションの必要が生じたときに、話の通じる割合が高まるのではないか。
仕事の話限定ではあるが。

私はこの話を聞いた時、前任者の、仕事への思い入れを強く感じた。前任者は、その施設のすべて(どこに何があり、ここのコーナーは汚れがちで、ここの排水は詰まりがちで、etc)を身体で覚えており、そのメンテナンスに自信を持っていたのだと思う。そして、後任者にも、そうなって欲しかったのだ。

だから、後任者が「聴覚障害者である」という不利な条件のなかで、最大限の効果を挙げるような引き継ぎ策を、短期間で考え、実行できたのだ。きっと。多分。
スポンサーサイト

ドナー悪くない

ブログ「蝸牛は棘の上に」
記事「←クズ、第10回「理由」

著者はかつて、友人が血液疾患に罹患した際、助けになればと自ら骨髄バンクに登録し、周囲の人にも登録を勧めた。
しかしそのとき、著者と患者との共通の知人の1人が、著者に対して
「喜ばないと思いますよ」
と、否定的な発言をした。
それについて問題にしているのが、記事の内容である。

「喜ばないと思いますよ」
という知人の発言には、どのような意図があったのだろうか。
一つ考えられるのが、患者が「なるべく他人の助けを借りず、なんでも1人でやる」というポリシーの持ち主であり、それを知人が慮って
「患者のためを思うなら、余計な手助けをするな」
という意味を込めた…という可能性です。

「患者のためを思うなら、余計な手助けをするな」
に言葉を続けるなら、おそらく次のようになる。
「患者のためを思うなら、余計な手助けをするな。なぜなら、患者の人生は患者だけのものだからだ」

しかし、この言葉は間違っている。
仮に、患者自身が本当に「助けを借りたくない」という考えだったとしても、著者が骨髄バンクに登録して患者を助けようと意図したことが、余計なことであるとは、私は思わない。
なぜなら、患者の人生は患者だけのものではなく、著者も含め、周囲の人々のものでもあるからです。

ところで、寄付、募金、無償のボランティアといった行為に対して、ひどく侮蔑的な態度をとる人がよくいます。いわく「そんなのは自己満足にすぎない。だから偽善だ」と。
「喜ばないと思いますよ」という知人の発言の意図は何かを考えたとき、じつはそういう「偽善批判」の文脈だった…というのが、もう一つ考えられます。

ボランティア偽善論者は
「相手のため、という美しい動機をもつのが、良いボランティア」
「自分のため、という汚れた動機をもつのが、悪いボランティア」
という対立図式をもち、結局はみんな後者にきまってるじゃないか…というロジックを振りかざすのがお決まりのパターンだ。マザー・テレサ級の人物でもない限り、何びとも後者に放り込まれてしまう。

しかし、そんな杜撰な図式にわざわざ乗る必要はありません。
「動機が相手のためか?それとも自分のためか?」が問題ではないのだ。そんなの「自分のため」であるに決まっている。それは、
「直接、相手からの感謝を得たいから」かもしれないし、
「良い行為をしている、という実感が欲しいから」かもしれないし、
「ボランティア仲間との共同作業が楽しいから」かもしれない。
いずれにせよ、「自分のため」には違いない。

問題にすべきは、動機ではなく、相手から見た結果です。一言でいえば、
「相手とWIN-WINの関係になるのが、良いボランティア」
「自分ばかりいい気分で、相手にとってはありがた迷惑でしかないのが、悪いボランティア」
です。

実際には、相手が見えなかったりして(例えば献血というボランティアでは、自分が提供した血液が最終的に誰の役に立つかは分からない)、WIN-WINを実感するのはなかなか難しいのですが、相手にとって有り難迷惑でなければ、少なくとも、悪いボランティアではありません。

もし、相手からの感謝を直接には得られなくても、別にいいじゃないですか。
相手から直接感謝されてしまうと、ハッピーなのは、自分と相手の2者だけです。
しかし、相手がハッピーになり、それを元手に別の誰かをハッピーにして、さらに…となれば、3者以上がいい気分です。そちらの方がいい。

(4/16 リンク先のURL指定が間違っていたのを修正しました)

ヘイトスピーカーとの対話(にならなかった件)

最近「ヘイトスピーチ」という言葉をしばしばニュースで見かける。「hate speech」すなわち憎しみの言葉。
中国、韓国に対しての侮蔑の言葉を唱えるデモが時々報道されているが、そのヘイトスピーカーの一種と、先日Yahoo知恵袋でやりとりした。彼の名前をここでは(ヘ)とする。ただし、(ヘ)の侮蔑のターゲットは中国、韓国ではなく、「女性」である。

(ヘ)による質問(タイトルは「フェミニズムについて。」)
売春を無料にして合法化すればレイプや痴漢は間違いなく減りますよね?

被害者は女なんだから女が交代制でボランティアで無料でヤラせれば性犯罪が減って平和になりますよね?

ただで色々な女とセックスできるとなったら、レイプや痴漢なんて有罪になる危険を冒してまでバカバカしくてやってられないですよね?
(ここまで)

質問のタイトルは「フェミニズムについて」だが、質問文にはフェミニズムのフの字も出てこない。なぜか?
彼の人間観だと、
  • むかつく主張を繰り返すバカなフェミニスト女、およびそれに同調する馬鹿者
  • 上記を罵倒する健全な精神の持ち主

人間はこの2つに分類されるのであり、それへの賛意を得たい…というのが、質問の動機だからである。
「フェミニストは愚かで罵倒されてしかるべき存在である」
という観念が骨肉と化しているので、中身は単なる女性へのヘイトスピーチであっても、無意識のうちにフェミニズムという言葉をタイトルに冠してしまったのだ。

「いや、フェミニズムに対して批判的であるにせよ、それを罵倒するのは間違っているんじゃないの?批判すべき点と、評価すべき点とをきちんと腑分けした上で、前者に対して批判する…という姿勢でないと、真に有効な批判たり得ないよ」
というのが私の考えだが、こんなまともな言葉が(ヘ)に通じるわけがない。

質問文の内容についていえば、百歩譲って、性的ボランティアが性犯罪を減らす、という点に一定の効果があると仮定しても、それを実効あらしめる規模にするには、肝心の担い手を強制的に徴集する以外になく、現実的には不可能な施策である。
とりあえず、「性犯罪は減った方がいい」という点に関しては曲がりなりにも合意(?)できそうなので、その線からいってみた。

私の回答
単に、
「レイプや痴漢の被害者女性」が、
「強制的に性的ボランティアに従事させられる女性」
に置き換わるだけでは?

あなたは、
「前者に対して、後者は人権侵害を受ける可能性が低い」
と考えているようですが、その根拠は何でしょうか?
(ここまで)

(ヘ)による返信
自分の意志で売春するという点です。売春したり援助交際したりしてる女はいくらでもいます。そういう女は自分の意志でやってるわけですから人権侵害にはなりません。

「お金を貰って売春する」から「平和のために売春する」という大義名分を与えてやるのです。

お金を貰えるから売春する、貰えないなら売春しないというのでは、女どもは「非常に卑しい存在」ということが証明されてしまいますが?
(ここまで)

最後の段落で、王手飛車取りでもしたかのように誇らしげに語る内容は、わかりやすいヘイトスピーチ以外の何物でもない。
「だめだこりゃ…」
粘り強く対話しようとする私の意志は、早くも折れました。

私の返信
「性犯罪をなくすために、性的ボランティアを設ける」
というのは、実現可能性はとりあえず脇に置くとして、一つの案であることは間違いありません。
そう考えて、問題点を話したかったのですが、あなたは単に、
「フェミニズムの主張がムカつくから、溜飲を下げたい」
というだけが目的のようですね。

あなたの返信に対して、
「女」→「男」
「売春や援助交際」→「放射能で汚染された地域での労働」
に機械的に置き換えてみましょう。

------------------
自分の意志で労働するという点です。金のために放射能の中で働いてる男はいくらでもいます。そういう男は自分の意志でやってるわけですから人権侵害にはなりません。

「お金を貰って労働する」から「平和のために労働する」という大義名分を与えてやるのです。

お金を貰えるから労働する、貰えないなら労働しないというのでは、男どもは「非常に卑しい存在」ということが証明されてしまいますが?

------------------

あなたの口調そっくりだね。面白いね。
それはともかく、フェミニズムを批判したいなら、こんな児戯に類するロジックを開陳して悦に入っているようでは話になりません。
あなたが今の考えに至るまでに、最も影響をうけた書物は何ですか?
失礼ですが、恐らく碌な本を読んでいない(または、そもそも本など読んでおらず、ネット右翼言説をつまみ食いしている)ように見えます。
そう言われても仕方ないレベルです。

小浜逸郎 著「男はどこにいるのか」(ちくま文庫)
を読んでみるのを勧めます。フェミニズムへの批判も含めて、男女の性差の問題に深く切り込んだ著作です。
(ここまで)

(ヘ)による返信
子供騙しのレトリックですね。なんで「機械的に」置き換えちゃうんですか?頭悪いのかな?

「放射能で汚染された地域での労働」でなぜ男性が「卑しい存在」になるのでしょうかねえ。 
「放射能で汚染された地域での労働」はなぜ男性限定なんですか?女も働いていいんですよ。なのに女は働きませんよね。あなたの論理は前提から破綻してるので成立しないんですよ。分かりましたか(笑)?

売春は女しかできません(ホモ相手を除く)。

わたしは売春の無料合法化がレイプや痴漢犯罪の減少に貢献するのは明白だと言っているだけです。それに対して反論してみてよ。自分より格上の相手に噛みつくのは無謀だと思いますがww
(ここまで)

これを読んで、私は自分の堪え性のなさを反省した。(へ)と同じ土俵に乗ってはダメなのだ。
とにかく、
「性犯罪を減らす方策としての、性的ボランティアというアイデアを批判的に検証する」
という建前を崩さす、そのために必要な対話をするのだ。こっちは。

私の返信
お返事が遅れごめんなさい。議論(?)を整理してみましょう。

最初の私の問いかけに対して、あなたの返答がありましたね。
私はそれが酷い内容だと思ったので、同等の酷い話(放射能云々)を作って、
「あなたの主張も、これと目糞鼻糞ですよ」
と示すことを試みました。

それに対するあなたの返答は、
「売春の無料化論と、放射能云々との話は同一化できない。前者は妥当な話だが、後者は馬鹿げた話だ。
なぜなら、
理由A 『放射能労働は卑しくない。一方、売春は卑しい』
理由B 『放射能労働は男しかできないわけではない。一方、売春は女しかできない』
これらの理由によって、本質的に2つの話は異なるからだ」

…このように私は受け取りました。ここで質問です。

(1)上記の受け取り方で合っていますか?
(2)あなたは「卑しい」という言葉を、「差別を受けて当然」という意味で使っていますか?
(言い換えれば、売春婦は差別を受けて当然である、と考えていますか?)

多分両方とも答えはyesだろうと思うのですが、念のための確認です。
この種の議論(?)では、たとえば「卑しい」という言葉一つとっても、両者がそれぞれ違う意味で使っていて話が噛み合わないことがままあります。それで言いっ放しのまま終わっても、当人がすっきりするだけで、読み手にとっては何も面白くありません(堪え性のない、単なる言いっ放しは、ネット上に腐るほど溢れている)。

それではつまらないので、いったん、質問にお答えください。
yesならそれだけでいいし、noなら内容を詳しく書いて。
それを確認した上で、再度私も返信します。
(ここまで)

私はここで、
それが酷い内容だったので、同等の酷い話(放射能云々)を作って、
「あなたの主張も、これと目糞鼻糞ですよ」
と示しました。

…と書きたかったが堪えた。そのような決めつけは、単に口調が上品になっているだけで、結局(へ)と同じ土俵に乗ってしまっているからだ。そう考えて、
私はそれが酷い内容だと思ったので、同等の酷い話(放射能云々)を作って、
「あなたの主張も、これと目糞鼻糞ですよ」
と示すことを試みました。

…このように一歩引いた表現にした。
私の内心の苦労(?)を想像ねがいます。

しかし残念ながら、(へ)の返信はありませんでした。

ヘイトスピーチは、社会で不遇感を抱いている者が、手っ取り早く自己肯定するためのアイテムである。
中国、韓国を侮蔑するためには、自分が日本人でありさえすればいい。「日本人であること」には、何の努力もいらない。
同様に、女を侮蔑するためには、自分が男でありさえすればいい。「男であること」には、何の努力もいらない…
…ということはない。
「男であること」は簡単ではない。だからこそ、(へ)は恐らくネットから拾ったであろう、自分を肯定してくれる言説をインスタントに摂取し、女を侮蔑する反動で自分を持ち上げようとするのである。

私自身を振り返ると、全然パッとしない人生を送っていますが、少なくとも(へ)のような、ヘイトスピーチという「インスタント自己肯定」に頼っていない、のが、最低限のプライドといったところです。

(蛇足:中国、韓国へのヘイトスピーチについて)
私は「中国、韓国に対して一切の批判をするな」と言っているのではない。ただ、心の赴くままに侮蔑の言葉を吐き散らすのでは、結局のところ、中国人や韓国人の中の、官製の反日言説に釣られてとんでもない反日主張を繰り返す連中と同じ穴の狢だよ、と言っているだけである。
狢ではない、きちんとした主張とはどんなものかを知りたければ、
「日本外交官 韓国奮闘記」(道上尚史 著 文春新書)
がお勧めです。

プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。