スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷宮カフェ

骨髄バンク普及映画を作る会 http://kotsuzui-eiga.org/ が制作した映画
「迷宮カフェ」 http://www.meikyu-cafe.com/
が一般公開されたので、見に行きました。

この映画は、骨髄バンクの普及が目的ではあるが、いかにもな宣伝映像ではなく、普通に映画として味わえるものにしたい、という制作者の意気込みのもとに作られている。

劇中で、主要登場人物はみな骨髄ドナー登録しているのだが、
「みんな骨髄提供して、その結果、患者さんが助かって、みんなそれぞれ感謝の手紙をもらって、みんなで命の大切さを実感して Happy!だからこそ、みんな迷宮カフェに来て良かった」
…というシンプルな話ではない。

そういうHappyなキャラクターも登場するが、そうではなく、悲しい決断をあえて選ぶキャラクターもいる。そんなに簡単に、人の命を救ってハッピーになれるわけではないのだ。にもかかわらず、みんな迷宮カフェに来て良かった…というより、来るしかなかったのだ、と私は感じました。
市川由衣のウェディングドレスの面会のシーンには胸が詰まった。

「骨髄移植なんて知らない、という人にも楽しめる映画を」という制作者の意図が達成されているかどうかは、私には判定できない。私は骨髄ドナー経験者であって、どうしても「制作者、頑張れ!」という贔屓が発生するからである。

敢えて意地悪をいえば、物語の進行のために都合良く偶然が重なり過ぎるのが気になった。それも1~2回ならまぁいいのですが、5~6回、いやそれ以上…このあたり、もう少し控えめな脚本のほうが良かったです。
スポンサーサイト
プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。