スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川とセシウムと私

Yahoo知恵袋で、江戸川のボートハゼ釣りについての質問が出ていました。初めてなので教えて欲しい云々。
それに対して2人が回答していたが、どちらも
「食べない方がいい」
と付け加えていた。曰く、

>荒川や江戸川の河口付近の泥に
>含まれる桁違いのセシウム量を考えると

>基準値を大幅に超えたウナギがいたのが、たしか江戸川だったと思います。

私が先日にボートハゼ釣りに行ったときは、セシウムの「セ」の字も考えていなかった。勿論、釣ったハゼはバリバリ食べました。あまり放射線とか気にしないタチなので。
ただ、「基準値を大幅に超えた」というのは、さすがの私もちょっと気になって、調べてみた。

 東京都は7日、千葉県が同県市川市の江戸川下流域で採取したウナギの放射性物質を検査したところ、食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える140ベクレルの放射性セシウムが検出されたことから、関係する2つの漁業協同組合に出荷自粛を要請したと発表した。釣り客らにも注意を促す。

 都がこれまでに行った検査では、30ベクレル以下で、基準値を超える放射性セシウムは検出されていなかった。

 都によると、江戸川や荒川など周辺の計5河川では年間約11トンの水揚げがあるという。

東京都、基準値超セシウム検出で江戸川のウナギ出荷自粛要請 2013.6.7 19:44
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130607/dst13060719460005-n1.htm

「大幅に」なんて言うから、基準値の10倍ぐらいなのかと思ったら、100ベクレルに対して、140ベクレル。
これは私の感覚としては、
「消費期限を2日ほど過ぎた牛乳」
よりはるかに低い程度のリスクです。もちろん飲む。あまり消費期限とか気にしないタチなので。

巷間、放射線が恐怖の大王であるかのように言われますが、今の社会に生きていれば、食品添加物やら、煙草の副流煙による受動喫煙やら、人間関係のストレスやら、健康にとってのマイナス要因はたくさんあります。そこに「放射線による発癌リスク」がちょこっと加わった程度じゃないですか。

別に、東京電力や国による福島原発事故対応のまずさを免責しているわけではありません。
そうではなく、「リア充でない人」である私は、仕事を通じてなんとか社会の隅っこにぶら下がっているが、「リア充の人々」で構成されているこの社会そのものの方が、放射線なんかよりも、はるかに重大なストレス源である、という感覚から述べているだけのことです。
スポンサーサイト

ボートでハゼ釣り 2013

この3連休は、グアム島沖のトローリングでカジキ狙いに行きました。

嘘です。
千葉県の江戸川放水路にボートハゼ釣りに行きました。
先週の台風の影響が心配だったが、水は濁っておらず、ゴミが流れていることもなく、杞憂に終わりました。

ボート屋さんの「みさお丸」で受付し、ボートに乗り込んで、曳舟でポイントまで引っ張っていってもらう。
しかし、ボート屋のおばちゃん、なぜか曳舟をUターンさせる。
「はい、ここね」
案内してもらったのは、「みさお丸」事務所から約20mの地点。

このプレハブ小屋が事務所だ
xIMGP0030.jpg

なんか、わざわざボートを借りた意義が薄い…
しかし、おばちゃんが案内してくれたのだから、ここがベストポイントであるに違いない。気を取り直して釣りの準備にかかる。
ここのハゼは6月ごろから11月ぐらいまで釣れるが、月を追うごとにだんだんポイントが下流に移っていく(11月ともなれば、ほとんど河口近く、JR京葉線高架あたりになる)。だが、今日のおばちゃん案内ポイントは、9月下旬としてはかなり上流のほうだ。

上流方向をのぞむ。東京メトロ東西線の高架がすぐ近く
xIMGP0021.jpg

下流方向をのぞむ。右奥にJR京葉線の高架が見える。中央から左にかけて桟橋で釣りをしている人が見える。ボートの意義が…
zIMGP0031.jpg

しかし、おばちゃんの案内は的確だった。ピョコピョコ釣れる。
7:00頃に開始して、少し移動しつつ、正午までに釣れたのが46匹。自分としては大漁です。そこで切り上げました。

大物(当社比)
xIMGP0029.jpg

字幕こうしよう

過去記事「ヤマト2199 字幕つくります」で、アニメ作品「宇宙戦艦ヤマト2199」の字幕を作ろう、と思い立ったものの、「字幕どうしよう」で、どうしようかと悩んで、結局やらずに今に至っています。

しかし、「ヤマト2199 字幕つくります」は今でも時々参照されており、やっぱり字幕需要はあるんじゃないか、と思うようになりました。
確かにテレビ放送は字幕付きなのだが、録画し損なった人もいるだろうし、テレビではなくBlu-rayの画質で楽しみたい、という人もいるだろう。

恐らく、しばらくするとバンダイビジュアルからDVD-BOX(Blu-ray BOX)が出るだろうから、そこに日本語字幕が入っていなければ、私が頑張って作ろうと思います。

ドナーは偶然

Yahoo知恵袋。
質問者曰く、骨髄ドナー登録を行って、だいぶ経ってから適合通知が来たが、その時は働き始めたばかりで、仕事を優先するために、断りの返事をした。それから6年経つが、未だに罪の意識に苛まれている…。

私は次のように回答した。

私も、2005年にドナー登録して、すっかり忘れていた2012年に適合通知が来たというクチです。

封筒を空けた直後は、やる気満々だったのですが、資料を読んでいて頭を抱えてしまった。というのは、骨髄提供時に入院するのはやむを得ないとして、それ以外にも、検査などのために、平日、つごう7日間、仕事を休まなければならない、という事実を、その時初めて知ったからです。

結局、その時点での仕事の状況を考えて、7日間ぐらいの休みはひねり出せると判断し、骨髄バンクにはドナーOKで返答しました。
(実際に骨髄提供まで至った)

問題は、
「そんな7日も休め!なんて話、ドナー登録の時点では聞いてねぇよ!」
ということです。これについて、私がコーディネーターの人に訴えたところ、
「確かにそれは問題だ」
という返事を得ました。しかし、その後具体的になにか改善が見られたかどうかは分かりません。

骨髄バンクは、現状、
「とにかくドナー登録者を増やしたい、あとは野となれ山となれ」
という考えのようなので、どうしても、あなたのような
「登録こそしたが、実際に適合しても都合が付かず、ドナーになれない」
というケースが沢山でてきてしまいます。
実際、適合通知をもらってからOKの返答をする人は、4人に1人だけです。
(資料:骨髄バンクニュース http://www.jmdp.or.jp/about_us/publishing/jmdp_news.html
Vol.39 2011年12月2日号 )

私は常々、人は誰でも、自分がやれる方法で他人を助けることができれば、それでいい、と考えています。
「骨髄を必要とする人に対して自分の骨髄を分ける…という方法で他人を助ける」
これを、私はできたが、あなたはできなかった。
だから私は天国、あなたは地獄です…となるわけがない。
なぜなら、この違いは、ほんの偶然によって決定したからです。たまたま、私は仕事の都合が付いた、あなたはつかなかった、これだけの違いです。
(真に地獄行きが検討されるべきなのは、問題あるシステムを放置している骨髄バンク上層部だと思う)

逆に「私にはできないが、あなたにはできる、人助けの方法」もあるでしょう。
それをするのが大事だと思います。


(引用ここまで)

この回答には嘘がある。あたかも、仕事の都合さえつけばササッと骨髄提供に至れるかのように書いてあるが、実際には、それ以外にも、
・家族の同意を得る
・自分の健康状態を高いレベルで保つ
というハードルがあるからだ。

ここでの目的は、質問者の心を少しでも軽くすることであって、そのために骨髄提供の流れを正確に解説する必要などない、そう考えながら回答しました。
プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。