スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナー悪くない

ブログ「蝸牛は棘の上に」
記事「←クズ、第10回「理由」

著者はかつて、友人が血液疾患に罹患した際、助けになればと自ら骨髄バンクに登録し、周囲の人にも登録を勧めた。
しかしそのとき、著者と患者との共通の知人の1人が、著者に対して
「喜ばないと思いますよ」
と、否定的な発言をした。
それについて問題にしているのが、記事の内容である。

「喜ばないと思いますよ」
という知人の発言には、どのような意図があったのだろうか。
一つ考えられるのが、患者が「なるべく他人の助けを借りず、なんでも1人でやる」というポリシーの持ち主であり、それを知人が慮って
「患者のためを思うなら、余計な手助けをするな」
という意味を込めた…という可能性です。

「患者のためを思うなら、余計な手助けをするな」
に言葉を続けるなら、おそらく次のようになる。
「患者のためを思うなら、余計な手助けをするな。なぜなら、患者の人生は患者だけのものだからだ」

しかし、この言葉は間違っている。
仮に、患者自身が本当に「助けを借りたくない」という考えだったとしても、著者が骨髄バンクに登録して患者を助けようと意図したことが、余計なことであるとは、私は思わない。
なぜなら、患者の人生は患者だけのものではなく、著者も含め、周囲の人々のものでもあるからです。

ところで、寄付、募金、無償のボランティアといった行為に対して、ひどく侮蔑的な態度をとる人がよくいます。いわく「そんなのは自己満足にすぎない。だから偽善だ」と。
「喜ばないと思いますよ」という知人の発言の意図は何かを考えたとき、じつはそういう「偽善批判」の文脈だった…というのが、もう一つ考えられます。

ボランティア偽善論者は
「相手のため、という美しい動機をもつのが、良いボランティア」
「自分のため、という汚れた動機をもつのが、悪いボランティア」
という対立図式をもち、結局はみんな後者にきまってるじゃないか…というロジックを振りかざすのがお決まりのパターンだ。マザー・テレサ級の人物でもない限り、何びとも後者に放り込まれてしまう。

しかし、そんな杜撰な図式にわざわざ乗る必要はありません。
「動機が相手のためか?それとも自分のためか?」が問題ではないのだ。そんなの「自分のため」であるに決まっている。それは、
「直接、相手からの感謝を得たいから」かもしれないし、
「良い行為をしている、という実感が欲しいから」かもしれないし、
「ボランティア仲間との共同作業が楽しいから」かもしれない。
いずれにせよ、「自分のため」には違いない。

問題にすべきは、動機ではなく、相手から見た結果です。一言でいえば、
「相手とWIN-WINの関係になるのが、良いボランティア」
「自分ばかりいい気分で、相手にとってはありがた迷惑でしかないのが、悪いボランティア」
です。

実際には、相手が見えなかったりして(例えば献血というボランティアでは、自分が提供した血液が最終的に誰の役に立つかは分からない)、WIN-WINを実感するのはなかなか難しいのですが、相手にとって有り難迷惑でなければ、少なくとも、悪いボランティアではありません。

もし、相手からの感謝を直接には得られなくても、別にいいじゃないですか。
相手から直接感謝されてしまうと、ハッピーなのは、自分と相手の2者だけです。
しかし、相手がハッピーになり、それを元手に別の誰かをハッピーにして、さらに…となれば、3者以上がいい気分です。そちらの方がいい。

(4/16 リンク先のURL指定が間違っていたのを修正しました)
スポンサーサイト

迷宮カフェ

骨髄バンク普及映画を作る会 http://kotsuzui-eiga.org/ が制作した映画
「迷宮カフェ」 http://www.meikyu-cafe.com/
が一般公開されたので、見に行きました。

この映画は、骨髄バンクの普及が目的ではあるが、いかにもな宣伝映像ではなく、普通に映画として味わえるものにしたい、という制作者の意気込みのもとに作られている。

劇中で、主要登場人物はみな骨髄ドナー登録しているのだが、
「みんな骨髄提供して、その結果、患者さんが助かって、みんなそれぞれ感謝の手紙をもらって、みんなで命の大切さを実感して Happy!だからこそ、みんな迷宮カフェに来て良かった」
…というシンプルな話ではない。

そういうHappyなキャラクターも登場するが、そうではなく、悲しい決断をあえて選ぶキャラクターもいる。そんなに簡単に、人の命を救ってハッピーになれるわけではないのだ。にもかかわらず、みんな迷宮カフェに来て良かった…というより、来るしかなかったのだ、と私は感じました。
市川由衣のウェディングドレスの面会のシーンには胸が詰まった。

「骨髄移植なんて知らない、という人にも楽しめる映画を」という制作者の意図が達成されているかどうかは、私には判定できない。私は骨髄ドナー経験者であって、どうしても「制作者、頑張れ!」という贔屓が発生するからである。

敢えて意地悪をいえば、物語の進行のために都合良く偶然が重なり過ぎるのが気になった。それも1~2回ならまぁいいのですが、5~6回、いやそれ以上…このあたり、もう少し控えめな脚本のほうが良かったです。

骨髄ドナー死亡事故は2件ある?

Yahoo知恵袋で、私はおもに回答者をやっている。
しかし先日、質問者として、ある特定の人物にむけての質問を行った。
内容は以下。

骨髄移植の死亡事故について。

質問「骨髄移植について」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10138231205/a344776084
上記質問への回答にて、tnmouse1945さんは、

>ご存知かと思いますが
>骨髄移植の提供者が過去2人死亡しています

このように述べられています。
一方、骨髄バンク提供の資料(骨髄提供者となられる方へのご説明書)によると、骨髄ドナーの死亡例は全世界で4例、うち日本国内で1例、とあります。

tnmouse1945さんの仰る「過去2人死亡」とは、何を指しているのでしょうか?
「死亡事故は全世界で4例といわれているが、実際は2例なのだ」
ということでしょうか?それとも、
「死亡事故は国内で1例といわれているが、実際は2例なのだ」
でしょうか?

もし後者であれば大問題です(骨髄バンクが情報を隠蔽していることになる)。一刻も早く世に問うべきです。いずれにしても、その「2例」の情報源を教えてください。お願いします。
(ここまで)

これに対して、当該人物から以下のように回答があった。

私の知る限り
2008年時点で日本国内で2人の方が
麻酔事故で死亡しています!!!
(ここまで)

私の質問のうち、前者(2件とは全世界なのか国内なのか)については答えてくれたが、後者(情報源はなにか)には答えがない。そこで、私は再度質問した。

なるほど、「2人」とは、日本国内での人数なのですね。
それは広く伝えなければなりません。
そのためには、情報の信憑性が重要です。

さらに教えてください。
その話をいつ、どこで聞いたのですか?
(ここまで)

以下のような回答があった。

私そっちの仕事してましたから・・・・
でも骨髄バンクとしては危険性の「宣伝」など
したくないのは当たり前でしょう

だから骨髄バンクは反対
臍帯血バンクを推進すべきとの立場はその当時から・・・
しかしこっちは保存するのに莫大な資金が必要なので
なかなか普及しませんね
(ここまで)

質問に対する回答になっていない。
この人は「骨髄移植反対!」という信念を熱く語ることに夢中だが、その主張をより多くの人に届けるためには、冷静に、客観性を持たせる必要がある…ということを理解していない。埒があかないので、私は当人の過去の発言を言質として、力ずくで回答を引き出すことを試みた。

なるほど、かつての職場で見聞きされた、ということですね。

>でも骨髄バンクとしては危険性の「宣伝」など
>したくないのは当たり前でしょう

だからこそ、あなたが真実を伝えなければならない筈です。
あなたは少し前に、こう書かれました。

>ご存知かと思いますが
>骨髄移植の提供者が過去2人死亡しています

「ご存じかと思いますが」という前置きがあるということは、その死亡事故に関する情報が、関係者だけにとどまらず、何らかの形(マスメディアに報道された、等)で外部に漏れた(しかし骨髄バンクは黙殺した)…というわけですよね。

残念ながら、私はその情報に接していません。
それを是非、教えてください。いつ、どの媒体だったのですか?
(ここまで)

対する回答。

日赤からの情報ですよ!!!
(ここまで)

やっと話してくれた。これ以上追求しても、おそらく怪しげな登場人物が信憑性の低い話をするだけだろうと思ったので、ここは日赤に問い合わせることにした。

ありがとうございます。
日赤に問い合わせてみます。
(ここまで)

そして、日本赤十字社のサイトから、問い合わせフォームで以下の質問を送った。

私は2012年に骨髄バンク経由での骨髄ドナーをやった者です。
骨髄ドナーの死亡事故例について質問いたします。

骨髄バンクからもらった資料(骨髄提供者となられる方へのご説明書)によると、現在までに骨髄ドナーの死亡事故は全世界で4件、うち日本国内で1件とあります。

しかし、インターネット上で、
「国内の死亡事故は2件である」
と主張する人物が現れ、私が問うたところ、その人曰く、情報源は日赤であると。

ここで確認したいのですが、骨髄バンク発表による死亡事故1件以外に、日本赤十字社で把握している死亡事故は存在するでしょうか?

ちなみに、当該の人物と私とのやりとりは、Yahoo知恵袋ですが、下記URLにあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10138599790
「tnmouse1945」が当該の人物、「jetmagro」が私です。

(もう1つ質問ですが、回答いただいた内容を、上記のYahoo知恵袋の質問内に転記してよろしいでしょうか?)

以上、よろしくお願いします。
(ここまで)

しばらく待ったが、なかなか回答が来なかったので、Yahoo知恵袋での質問は、いったん閉じることにした。

ここまでおつきあいいただき、ありがとうございました。
11/25(火)に日赤に問い合わせているのですが、返答がありません。
明日以降、日赤からの返答があれば、「ちょい足しアンサー」でお知らせします。
(ここまで)

後日、日赤からの返答がきた。
その内容を含めて、知恵袋の「ちょい足しアンサー」機能を使って、以下のように追記した。

問い合わせの返答が日赤からありました。

------------ココカラ-------------------------------
平素より血液事業へのご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

お問い合わせいただいた件につきまして、ご回答いたします。

日本赤十字社は、骨髄バンク事業において骨髄提供希望者(骨髄ドナー登録者)の個人情報を管理しておりますが、骨髄移植に向けたコーディネート開始後の骨髄採取施設とドナー候補者との調整や移植前後における骨髄ドナーの情報管理等については(公財)日本骨髄バンクによって行われております。

したがいまして、日本赤十字社はコーディネート開始以降の骨髄ドナー情報等については把握しておりません。情報源が日本赤十字社であるという件につきましては、現段階では何も申し上げることができませんが、コーディネート開始後のドナー情報が直接日本赤十字社に伝えられることはございませんので、その旨ご理解いただきたく存じます。

なお、念のため(公財)日本骨髄バンクに本件について確認しましたが、Yahoo知恵袋にも記載のあるとおり「国内では1例(血縁者間)」との回答でした。また、この情報は、国内の造血幹細胞移植施設からの移植後情報を収集している日本造血細胞移植データセンター及び日本造血細胞移植学会によって示されている数値であることを付け加えさせていただきます。

なお、本メール内容の転記につきましては特に問題ございません。

日本赤十字社 
血液事業本部 広報担当 
------------ココマデ-------------------------------

上記から言えるのは、
「日赤は、ドナー登録者は把握しているが、コーディネート開始以降のドナーの消息は知らない(ゆえに、死亡事故があったとしても把握できない)」
ということです。
また、骨髄バンクを経由しない、血縁者間の移植については、そもそも日赤など関知しないでしょう。

すなわち
「隠されたドナー死亡事故が1件存在し、それを日赤が把握している」
という、tnmouse1945さんの聞いた話は、信憑性の低い、単なる噂である可能性が高い、と私は思います。
どんなにあなたが力を込めて「真実である!!!」と主張しても、それだけでは、客観的に見て、なんら信憑性を担保しません。

tnmouse1945さんが骨髄移植に反対であることは分かります。
私とは違う考えだが、それも1つの考えであることは認めます。
しかし、その主張の根拠として、「国内で2件の死亡事故」という、信憑性の低い話を持ち出すことは、他ならぬ、あなたの主張自体の値打ちを損なっているので、やめるべきです。
(ここまで)

これに対する返答はありません。これを機に、怪しげな主張を止めてくれればいいんですけどね。今後どうなることやら。

日赤悪玉説

巷間、「日本赤十字社ボロ儲け説」というのがある。曰く、
「日赤は、献血者に安い菓子を食わせるだけで、献血で得た血液を使って、2万円の血液製剤を作ってボロ儲けしている、けしからん!」
というものだ。
確かに、安い煎餅や無料ジュース2~3杯程度で、献血者1人をおびき寄せて、それで2万円の売上が上がるならボロ儲けのように感じるが、本当だろうか?

●ある献血ルームAの、1日分の稼ぎはいくらか?


日赤が、献血をもとに作った血液製剤は、どの程度の価格なのか。
http://www.kenketsu.com/jp/j4300.html

タイプによっていろいろ違うようですが、大ざっぱに、
「平均して1人分が2万円」
としましょう。

また、献血に訪れる人を、とりあえず
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/1b.html
520万人として、365で割ると、一日あたり約14000人。

全国の献血ルームの数は、よく分かりませんが、
http://www.jrc.or.jp/donation/
これを見ると、多い都道府県で約10カ所、少ないところでも1カ所はあります。
まあ平均して、1都道府県あたり3カ所だとすると、全国では150カ所程度でしょう。

となると、とある献血ルームAを、1日に訪れる人は、14000/150 ≒ 93
きりのいいところで90人とする。まぁ実感としても、大体こんなもんでしょう。

すると、献血ルームAの1日あたりの稼ぎは、90人 × 2万円 = 180万円となります。

●献血ルームAの、1日分の出費はいくらか?


献血ルームのスタッフは、およそ、
・問診の内科医:1~2名
・採血などを担当する看護師:10名程度
・受付などの事務スタッフ:5名程度

それぞれ給料は違うだろうし、さっぱり分からないので、大ざっぱに
「1人平均、日給1万5000円」
とすると、1日あたりの人件費は、1万5000円 × 16人 ≒ 24万円 となる。

また、家賃を考えると、
http://www.sanko-e.co.jp/data
これは都市部のみのデータなので、全国平均だと少し安くして、坪単価を10000円とする。
献血ルームの広さを平均100坪程度だとするなら、献血ルームAの1月あたりの家賃は、100坪 × 10000円 ≒ 100万円。
1日あたりに直すと、100万円 / 30日 ≒ 3万円 となります。

あとは、献血者へのお菓子代を2万円とすれば、献血ルームAの、1日あたりの出費は約30万円程度と言えそうです。

●日赤は「ボロ儲け」しているか?


「30万円の出費で、180万円の稼ぎ!?ボロ儲けじゃないか!!」
…とはもちろん言えません。
そもそも、2万円の血液製剤をつくるために、血液以外にも様々な薬品などを必要とするだろうから、それらの費用だってかかる。
また、安くても数十万円のオーダーであろう医療機器をたくさん抱えて、そのローンの支払いやら、メンテナンス代やらもかかるだろう。
個々の献血ルームだけではなく、各都道府県ごとにある献血センター、あるいは日赤本部の建物の家賃も必要だろう。
それらの職員の給与も必要だ。
それに、なんと言っても研究開発費をけちるわけにはいかない。

また、上記であれこれ考えたのは、日赤の事業のうちの、血液製剤にかかわる部分だけ、しかも、個々の献血ルーム単位の収支(しかも血液製剤の売り上げを個々の献血ルームに配賦するという変な話)…という、非常に限定された部分だけであって、ここでの黒字で、他の事業の赤字を補填していることもあり得る。

というわけで、はたして日赤がボロ儲けしているのかどうかは、結局わかりませんでした。
(やろうと思えば、ネットで得られる情報だけでも、もっと追求することはできると思います。気が向いたらやるかもしれません)

骨髄ドナーが死ぬ確率

ドナーを躊躇している方へ。

骨髄バンク提供の資料(骨髄提供者となられる方へのご説明書)によると、全世界で過去に骨髄提供者が死亡した事例は4件、うち日本国内が1件(全身麻酔による事故)となっています。

骨髄バンク経由(非血縁者)での国内移植件数は、
http://www.jmdp.or.jp/documents/file/07_about_us/banknews/news43.pdf
によると、2013年9月末現在で、約16000件。

骨髄バンクを通さない、血縁者間の移植件数はよく分からないが、
http://www.jshct.com/report_recent/
で見る限り、だいたい、骨髄バンク経由(非血縁者)と同程度のようなので、日本国内の全移植件数は、2013年9月末現在で、非血縁 16000 + 血縁 16000 = 32000件程度と思われます。

となると、死亡する確率は 1 / 32000 ≒ 0.003%となります。

また、死亡までは行かなくとも、後遺症はどれだけあるかが心配かもしれません。それについては、
http://www.jmdp.or.jp/coordinate/newsletter/gosetumeisho25_hosoku.pdf
上記に書かれています。
これらを踏まえた上で判断してください。
もちろん、
「いや、骨髄バンクは事実を隠蔽している!もっと深刻な事態はあるはずだ!」
という疑いをもって上記データを見るのも自由です。
プロフィール
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村 その他生活ブログ 献血・ドナーカードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。